包装機械・包装資材のヤマショウ株式会社は環境問題・グローバル化に積極的に対応し企業の省力化を促進していきます。
サイトマップ
サイト内検索


ヤマショウコラム
第6回 粘着テープの特性用語について
一般的に粘着テープの製品評価によく使用される用語です。
テープ性能表示は、使用目的・使用条件などの参考になります。
 
厚さ
テープの総厚さ
数値は粘着テープの総厚さ(基材と粘着剤全体の厚さ)を示しています。
粘着力
テープが貼りつく力
粘着テープをステンレス板などの試験板に貼り付け、圧着した後、引きはがすのに必要な力を表わし数値が大きいほど粘着力が強いことを示しています。
(接着力と一般に呼ばれるものです。)

●試験板は特に表示していない場合、ステンレス板を使用しています。
●引きはがし角度は90°と180°の方法がありますが特に表示していない場合、
 180°引きはがし法で測定しています。
 
重ね貼り粘着力
テープを重ね貼りした場合の粘着力

試験板にテープの背面を使用して測定します。
数値が大きいほど、自背面に対する粘着力が強いことを示しています。

保持力
静荷重をかけたとき
粘着剤がズレに耐える力

粘着テープをステンレス板に貼り付け、圧着した後垂直に下げ、荷重をかけ30分後のテーブルのズレた距離を測定したもので、数値が小さいほど反発力に対するズレにくさ・保持性能の高いことを示しています。

巻き戻し力
テープを巻き戻すのに必要な力
粘着テープを巻き戻すのに必要な力で、低速巻き戻し力と高速巻き戻し力の試験が
あります。数値が小さいほど巻き戻しが軽い、つまりテープを繰り出しやすいことを示しています。

●最も実作業の条件に近い1分間に30mのスピードで巻き戻して(高速巻き戻し力)
 を測定しています。

引張り強さ
長さ方向に対するテープの強度
粘着テープを長さ方向に引張って、切断したときの力を測定したもので、数値が大きいほど、基材の強度が大きいことを示しています。

伸び
長さ方向にテープの伸びる比率
引張り強さと同じ方法で長さ方向に引張って、破断するまでに伸びた長さを測定したもので、%で示します。
数値が小さいほど、伸びにくいことを示しています。

SI
国際単位系の略称
現在使用されているメートル法には数種の系統があり、必ずしも一量一単位ではありません。そこで混乱を避けるために、現在では一般人から専門家までが共通に使える一貫性をもった国際単位系(SI)で表示しています。



 
            包装機械・包装資材・物流機器の